新型コロナウイルス関連情報

北海道や国からのお知らせ

感染者への支援の流れが変わります(令和4年9月26日)

 新型コロナウイルス感染者の全数届出の見直しに伴い、北海道では令和4年9月26日から高齢の方や重症化しやすい方に適切な医療の提供を行うため、症状が軽い方はご自身の健康管理による自宅療養を基本とし、体調が悪化した場合に相談対応を行う「北海道陽性者健康サポートセンター」の運用を開始しました。

ご自身や身近な人が新型コロナに感染したときの対応について(令和4年9月7日)

【自宅療養者の療養期間】
・自宅療養期間が10日間→7日間(症状軽快後24時間経過後)
・症状なしの場合は、7日間→5日間(5日目検査で陰性確認が必要、検査しない場合は7日間)

【療養期間中の外出】
・症状軽快から24時間後、または、無症状の場合は、食料品等の買い物など必要最小限は外出可

【濃厚接触者の待機期間】(症状がないことが前提)
①同居世帯での対応
・感染者の発症日または、感染対策を講じた日のいずれか遅い日の翌日から5日間の待期
②事業所での対応
・感染対策を講じていない場合は、感染者との最終接触日の翌日から5日間を目安に外出自粛
  ※ただし、2日目・3日目の検査で陰性の場合は3日目で待機解除することも可能
・感染対策を講じていた場合は、外出制限なし
③医療機関等・保育所等での対応
・感染者との最終接触日の翌日から5日間の待期

生活を支えるための支援のご案内(厚生労働省 令和4年1月28日)

皆様お一人お一人のお悩みに寄り添えるよう、各種ご相談窓口をご用意しています。お気軽に
ご相談ください。

道内の市町村別感染状況

町からのお知らせ

新型コロナウイルス感染症に感染された方への差別や誹謗中傷について

 全国での感染拡大に伴い、感染された方やそのご家族が偏見、誹謗中傷、いじめなどの差別的な取り扱いが見られている状況が報道されています。新型コロナウイルス感染症は、ワクチンを接種していても感染する可能性もあり、誰もがいつでも感染する可能性があります。
 正しい情報で、皆様の基本的な感染症予防対策を継続していただきながら、感染リスクを避けて生活していくことが大切です。密を避け、マスクの着用で自身を守る行動を心がけましょう。

ごみ出しについて

 新型コロナウイルス感染症に感染された方、濃厚接触となった方のごみの排出方法をご確認ください。

リンク集

お問い合わせ先

元気応援課/健康づくり係

電話番号:0136-55-5831

FAX:0136-33-3000