トップ > 喜茂別町の組織とその仕事 > 住民課 > 保険衛生係 > 新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険税の減免について

新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険税の減免について

新型コロナウイルス感染症の影響により、一定程度収入が減少した等の世帯に対して、国民健康保険税の減免を行います。

まずは電話でご相談ください。対象となる方へ、後日申請書類を送るなどの対応を行います。

 

国民健康保険税の減免相談 0136-33-2211 (平日8時45分~17時30分)

 

新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険税の減免制度

減免の対象となる世帯

(1)新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が亡くなった場合または重篤な傷病を負った世帯

※重篤な傷病とは、1か月以上の治療を有すると認められたものを指します。

(2)新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の事業収入、不動産収入、山林収入または給与収入(以下「事業収入等」)の減少が見込まれる世帯 (※ただし、次の①~③の全てに該当する世帯)

①世帯の主たる生計維持者の事業収入等のいずれかの減少額(保険金、損害賠償金などにより補填されるべき金額を控除した額)が、令和元年中における当該事業収入等の3割以上

②世帯の主たる生計維持者の令和元年中の合計所得が1,000万円以下

③減少見込みの所得以外の令和元年中の所得の合計が400万円以下

※主たる生計維持者とは、住民票の同一世帯内で主に収入を得ている方を指します。

※会社都合等で退職し、保険税の軽減を受けている場合は、その軽減が優先され、本減免の対象にはなりません。ただし給与以外の収入が新型コロナウイルス感染症の影響を受けている場合は減免の対象となる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。

(3)新型コロナウイルス感染症の影響により主たる生計者が事業を廃業または失業した世帯

 

減免額

(1)に該当する場合

10分の10

(2)に該当する場合

 一部免除

 表1で算出した対象保険税額(A×B÷C)に、表2の前年の合計所得金額の区分に応じた減免割合(d)を乗じて得た額

【表1 対象保険税額】

   対象保険税額=A×B÷C

A:当該世帯の被保険者全員について算定した保険税額

B:世帯の主たる生計維持者の減少することが見込まれる事業収入等に係る令和元年中の所得額(減少することが見込まれる事業収入等が2以上ある場合はその合計額)

C:被保険者の属する世帯の主たる生計維持者及び当該世帯に属する全ての被保険者につき算定した令和元年中の合計所得金額 

【表2 減免割合】

令和元年中の合計所得金額 減額または免除の割合(d)
300万円以下であるとき 10分の10
400万円以下であるとき 10分の8
550万円以下であるとき 10分の6
750万円以下であるとき 10分の4
1000万円以下であるとき 10分の2

(3)に該当する場合

10分の10

 

減免の対象となる国民健康保険税

令和2年2月1日から令和3年3月31日までの間に納期限が設定されているもの

新型コロナウイルス感染症による保険税減免の簡易フローチャートPDFファイル(95KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

申請方法

住民課保険衛生係へお電話ください。

対象となる方へ、後日申請書類を送付いたします。(申請書はホームページからもダウンロードできます)

申請書に必要事項を記入・捺印し、必要書類を同封し住民課保険衛生係までご返送いただくか、またはご持参願います。

■申請書ダウンロードはこちら

国民健康保険税減免申請書エクセルファイル(29KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

■必要書類

(1)に該当する場合

・死亡した事実がわかる書類

・医師による診断書等、感染した事実が確認できる書類の写し等内容のわかるもの

(2)に該当する場合

・令和元年分源泉徴収票等所得を証明するもの

・令和2年中の事業収入の見込額の根拠となる書類

(3)に該当する場合

・事実が確認できるもの

 

■送付先

044-0292

北海道虻田郡喜茂別町字喜茂別123番地

喜茂別町役場 住民課保険衛生係

 

申請書受理後審査を行い、減免の可否等をお知らせします。

お問い合わせ先

喜茂別町役場住民課保険衛生係
〒044-0292 北海道虻田郡喜茂別町字喜茂別123番地
TEL:0136-33-2211 FAX 0136-33-3577

更新情報

ページの先頭へ