○喜茂別町出産サポート事業補助規則

平成27年3月19日

規則第5号

(趣旨)

第1条 この規則は、喜茂別町定住促進基本条例(平成24年喜茂別町条例第2号。以下「条例」という。)第4条の規定に基づき、喜茂別町出産サポート事業の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(用語の定義)

第2条 条例第3条別表に規定する次の各号に掲げる用語の定義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 「町内に住所を有する者」とは、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定に基づく本町の住民基本台帳に記録され、かつ、喜茂別町内に生活の本拠を有するものをいう。

(2) 「保護者」とは、子の親権者又は後見人であって現に子を養育し、生計を一にしている者をいう。

(要件)

第3条 条例第3条別表に規定する喜茂別町出産サポート事業資格要件等のほか、公租・公課の義務にあっては、その義務を完全に履行していなければならない。ただし、分割誓約に基づき公租・公課の義務の履行が見込まれる場合はこの限りではない。

(交付申請及び決定)

第4条 助成の申請をする者は、出産から6月までに喜茂別町出産サポート事業助成金交付申請書(別記様式第1号。以下「交付申請書」という。)により、必要な書類を添付し、町長に申請しなければならない。

2 町長は、前項の交付申請書を受理したときは、その内容を審査の上、喜茂別町出産サポート事業助成金交付決定(却下)通知書(別記様式第2号)により当該申請者に通知し、助成金の交付を受けようとする者に助成金相当の町商品券を交付するものとする。

(助成金の返還等)

第5条 町長は、助成金を受けた者が、次の各号のいずれかに該当するときは、助成金の全部又は一部の返還を命ずることができる。

(1) 助成を受けた者が提出した書類に虚偽その他不正があったとき。

(2) その他町長が相当と認める事由があるとき。

(町長への委任)

第6条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年規則第11号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

喜茂別町出産サポート事業補助規則

平成27年3月19日 規則第5号

(平成28年4月25日施行)