○新たなステージに入ったがん検診の総合支援事業実施要綱

平成21年8月31日

訓令第16号

(目的)

第1条 この要綱は、喜茂別町が実施する子宮頸がん及び乳がん検診において、一定の年齢の者にクーポン券を送付して受診を勧奨するとともに、そのうちの未受診者に再勧奨を実施することで、検診受診の動機付けによるがん検診の受診を促進し、がんの早期発見につなげ、がんによる死亡者の減少を図ることを目的とする。

(助成の対象者)

第2条 この事業の対象となる者(以下「対象者」という。)は、平成29年4月20日(以下「基準日」という。)において、次の各号のいずれにも該当する女性とする。

(1) 本町の住民基本台帳又は本町の外国人登録原票に登録されている者

(2) 下表に定める対象の検診区分に応じ、それぞれ次に掲げる生年月日の者

対象者に案内を送付し受診勧奨を行い受診促進する者

対象

生年月日

子宮頸がん検診

平成8(1996)年4月2日~平成9(1997)年4月1日

乳がん検診

昭和51(1976)年4月2日~昭和52(1977)年4月1日

対象者の検診台帳を整備し、対象者に案内を送付し受診勧奨を行い受診促進する者

対象

生年月日

子宮頸がん検診

昭和23(1948)年4月2日~平成10(1998)年4月1日

乳がん検診

昭和23(1948)年4月2日~昭和53(1978)年4月1日

(実施方法)

第3条 検診費用の助成は、対象者が町の委託契約を締結した検診機関(以下「委託検診機関」という。)において、健診費用が無料となるクーポン券(以下「クーポン券」という。)を提出し、喜茂別町が実施するがん検診を受診した場合に、当該検診費用を当該委託検診機関に支払うことによって行う。

2 町長は、基準日現在における対象者に関するがん検診台帳を整備し、対象者クーポン券、検診手帳及び受診案内を送付するものとする。

3 対象者は、受託検診機関において、がん検診を受診する際に、クーポン券を提出しなければ無料で受診することができない。

4 受託検診機関は、クーポン券に記載された氏名及び住所について、保険証等により本人確認を行うものとする。

5 クーポン券を利用し、受診できる期間は、平成29年4月1日から平成30年2月28日までとする。

6 第2条第1項第2号に定める対象者のうち、未受診者等に対しクーポン券を送付し、がん検診を実施することができる。

(検診費用)

第4条 受託検診機関は、検診受診者が提出したクーポン券を添えて、がん検診に要した費用を町長に請求するものとする。

(助成の特例)

第5条 第3条第1項の規定にかかわらず、対象者が、平成29年4月1日からクーポン券配布までの間に、委託検診期間において、喜茂別町が実施するがん検診を受診した場合には、当該対象者に対して委託検診機関に支払った自己負担額に相当する金額を支給するものとする。

2 前項の支給を受けようとする者は、平成30年2月28日までに喜茂別町がん検診推進事業自己負担費用助成申請書(第1号様式)にクーポン券、領収書、がん検診結果票を添えて町長に申請しなければならない。

3 町長は、前項の規定による申請があったときは、速やかにその内容を審査し、支給の可否を決定し、喜茂別町がん検診受診費支給(不支給)決定通知書(第2号様式)により当該申請を行った者に通知するものとする。

(返還)

第6条 町長は、偽りその他不正の手段により、前条第1項による支給を受けた者があるときは、その者から、その支給を受けた助成金の額に相当する金額を返還させるものとする。

(補足)

第7条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この要綱は、平成21年9月1日から施行する。

附 則(平成26年訓令第11号)

この要綱は、公布の日から施行し、平成26年4月1日から適用する。

附 則(平成27年訓令第11号)

この要綱は、公布の日から施行し、平成27年4月1日から適用する。

附 則(平成28年訓令第20号)

この要綱は、公布の日から施行し、平成28年4月1日から適用する。

附 則(平成29年訓令第15号)

この要綱は、公布の日から施行し、平成29年4月1日から適用する。

様式 略

新たなステージに入ったがん検診の総合支援事業実施要綱

平成21年8月31日 訓令第16号

(平成29年4月13日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉
沿革情報
平成21年8月31日 訓令第16号
平成26年5月21日 訓令第11号
平成27年4月20日 訓令第11号
平成28年7月26日 訓令第20号
平成29年4月13日 訓令第15号