○喜茂別町火葬場条例

昭和39年3月17日

条例第12号

(趣旨)

第1条 この条例は、喜茂別町火葬場の管理及び使用並びに公衆衛生、その他公共の福祉の見地から支障なく行われることを目的とする。

(設置)

第2条 前条の火葬場の名称、位置及び設置区域は、次の通りとする。

名称 喜茂別町火葬場(以下「火葬場」という。)

位置 虻田郡喜茂別町字富士見台29番地の1

区域 喜茂別町の全区域

(管理の原則)

第3条 町長は、次の各号の一に該当する者に対しては、火葬場への入場を拒み若しくは退場を命ずることができる。

(1) 秩序又は風俗を乱し又は乱す虞れがあると認める者

(2) 伝染病患者又は精神異常者

(3) 刀剣その他、他人に危害を及ぼし又は他人の迷惑となる物品を携帯する者

(使用の許可取り消)

第4条 火葬場を使用(入場を含まない。以下同じ。)しようとする者は、予め町長の許可を受けなければならない。

2 火葬場の使用の順序は、前項の許可を受けた順序とする。

第5条 町長は、火葬場の使用を拒むに足りる正当な理由がなければ、火葬場の使用を許可しなければならない。

2 次の各号の一に該当するときは、町長は火葬場の使用を許可してはならない。

(1) 公衆衛生、その他公共の福祉を害する虞れがあるとき。

(2) 火葬場を破損する虞れがあるとき。

(使用料)

第6条 第4条の規定により使用の許可を受けた者は、別表に定める使用料を納付しなければならない。

(使用料の減免)

第7条 町長は、貧困その他特別の理由により、その必要があると認めるものに対しては、使用料の全部又は一部を免除することができる。

(遵守事項)

第8条 使用者は、火葬場を使用する地位を譲渡し又は転貸することができない。

(現状回復義務)

第9条 使用者は、使用を終了したときは直ちに原状に回復して返還しなければならない。

(損害賠償)

第10条 使用者は、火葬場の使用中に生じた火葬場の建物又は設備を毀損又は滅失した場合において、前条に基づく原状回復ができないときは、町長の認定に基づき損害を賠償しなければならない。

(過料)

第11条 次の各号の一に該当する者に対し、町長は50,000円以下の過料を科することができる。

(1) 第3条の規定に基づき退場を命じたのにもかかわらず、退場しない者

(2) 第8条に定める原状回復義務を正当の理由がなく履行しない者

(規則への委任)

第12条 この条例の施行に関し必要な事項は、別に規則で定める。

附 則

1 この条例は、昭和39年4月1日から施行する。

附 則(昭和57年条例第4号)

この条例は、昭和57年3月25日から施行する。

附 則(平成元年条例第14号)

1 この条例は、平成元年4月1日から施行する。

2 改正後の別表の規定は、平成元年度以後に係る使用料について適用し、昭和63年度までに係る使用料については、なお従前の例による。

附 則(平成3年条例第11号)

1 この条例は、平成3年10月1日から施行する。

2 改正後の喜茂別町使用料及び加入金の徴収に関する条例別表第1及び喜茂別町火葬場条例別表の規定は、平成3年10月1日以後に係る使用料について適用し、平成3年9月30日分までに係る使用料については、なお従前の例による。

附 則(平成12年条例第4号)

(施行期日)

1 この条例は、平成12年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。

別表

区分

使用料

町内に住所を有しているとき

左記以外のとき

1 12歳以上

1体につき

10,000

15,000

12歳未満

6,000

9,000

2 死産児

3,000

4,500

3 改葬・肢体

1件につき

6,000

9,000

4 あと産類

産婦1人につき

2,000

3,000

喜茂別町火葬場条例

昭和39年3月17日 条例第12号

(平成12年3月15日施行)

体系情報
第8編 生/第3章
沿革情報
昭和39年3月17日 条例第12号
昭和57年2月25日 条例第4号
平成元年3月29日 条例第14号
平成3年9月26日 条例第11号
平成12年3月15日 条例第4号